パソコン日記

パソコン関係のブログ

au IS01をSIM無しで無線LANのみで使う。

IS01をSIM無しで無線LANのみで使う。まず時刻の自動設定。これからして、rootを取らないとできない。


IS01 rooter 1.0.apk と、Superuser 2.3.6.1 .apk を導入して、IS01 rooter を起動するだけ。IS01 rooter はアンドロイドマーケットにはありません。野良アプリです。僕のファームは1.00.07でした。


そして、ClockSync 1.1.0.apk で無線LAN時の時刻自動設定。僕の場合は、さらに工場出荷時の設定に戻したため、タイムゾーンが日本でなかったので、TimeZone Changer 1.0.apk で、ASIA/TOKYOにします。
これで、電源投入後、IS01 rooter でrootをオンにする必要はあるものの、無線LAN時の時刻自動設定ができます。


時刻の設定だけでもえらく面倒です。マップとかセカイカメラとかの位置情報を使うアプリ。とりあえず微妙に誤差はありますが、無線LANから位置を検出する事で使えています。


あとSIMが入っていないと、電源投入時に、googleアカウントのログインに失敗したといわれて、パスワードを入れることになります。手で打つのが安全なんでしょうけど、面倒なので、Clipdroid 1.07.apk にパスワードを登録して、テキスト貼り付けで対応しています。
IS01の設定のプロフィールで、名前とGoogleのメールアドレスを設定してから、このメッセージが出なくなったような気もします。(やっぱり出る)


au IS01でなくてもePadとかの中華Pad Androidマシンの時刻設定も同じですね。まぁ、最初からroot取れたりしますし、電源投入時のgoogleアカウントのログインエラーはありません。


IS01をSIM無しで無線LANのみで使う設定としてはこのくらいかな?ワンセグも動いて録画もできますが、家では電波が悪いので出番がありません。


工場出荷時の設定に戻したため、プリセットアプリの一部がなくなりました。SIMを刺していないと、セカイカメラ for IS01 を何処からもダウンロードできなくて、ロック解除して2100円au引き落としで自分のSIMを入れると、アンドロイドマーケットにauタグ出現、au one マーケットをインストール。au oneマーケットにてセカイカメラfor IS01をインストール。
入れてみたらprotectedじゃなくて、普通にバックアップ取れた。protectedでも、Titanium Backup 3.6.2.apk で圧縮を無しにすると、普通に protected のapkがSDメモリに置かれるので、取り出すことができます。


セカイカメラの他にもau ナビウォークとか入れたけど、SIM無しで使えるの?T004にも入ってるけど、使ったことない。protected、バックアップは取っただけだな。普通に落とせるところに、セカイカメラ 2.1.3.1.apk を置いてくれたらロック解除する必要もなかったなぁ。


てな感じです。スクリーンショットとリンクは後から追加するかもしれません。
IS01はキーボードが付いてる事を非常に気に入って使ってます。ハードウェアキーボードが要らないならIS01にする意味もないでしょう。しかし現状を見てると、もうハードウェアキーボードを付けた機種はauから出そうにない気がします。


無線LANから現在位置を取得する方法が謎だったが、
http://www.placeengine.com/
で、Windows用のアプリで現在位置を登録できる。無線のあるノートで動かして登録したので、位置情報が少しマシになるといいなぁ。


2010/12/24追記
IS01をもう一個買って、TitaniumBackupで環境をコピーしてみた。googleアカウントは再設定する必要はあるが、au one-ID設定は再設定するか聞かれない、au oneマーケットはそのまま使えた。Skypeも入ったけどSIMがないと使えないので意味がない。セカイカメラは使える。